--

--.--

«  »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

09.13

« おおかみこども二回目 »

もっかい見に行った・・・・
細田さんの作品を二回も見に行くなんて考えられないや

時かけもいい映画で、MADを何度も見直した。泣いた。
それでも、あれが俺の人生を変えることはない。
すごい、きれいな映画だったねってそう思うだけ。
あしたからがんばんなきゃってぐらい。

でも、おおかみこどもは、俺の性格に少し響いたかもしれない、
そして、人生に少し、意味を与えてくれたかもしれない。
この、かもしれない、が、そうだった、に変わるのはもう少し待っててもらった方がいいかもしれない。かも

もっかい見に行った感想としては、相変わらず良かった、
今回は落ち着いて見れた。
前半を落ち着いて見れて、感じたことは、シナリオについていくのが忙しくないから、
花をよく見れた。

終始彼女の物語なんだな、途中子供がバトンタッチというかよく出てくるけど、
雪が母から聞く、子育て奮闘記。っていうのが以前より伝わってきた。

もう一度見て気になったのは、雨がほとんど?全く?笑わなかったこと
途中気にしてはいなかったけど、彼が笑ったシーンはあったのかな?
引っ越し先の初雪にみんなで高笑いをした時くらいではないか?
彼が変わったその日以来彼は笑ったっけ?

彼は幸福というか、人生を望む方に進んでいった。それでも、彼は笑顔でいたことはない、
先生の話をした時も、嬉々としてはいたけど、笑ってはいただろうか?
それで、雨は幸せなんですか?って聞きたくなる。
笑っては、答えてくれないだろう。それが自分の役割なんだって言うのかな?

雄弁は銀というけれど、それを自分に納得させるには、少し難しい。
行動を伴わない言葉にどれほどの意味があるだろう?

「しっかり生きて」、花は、母はそう言って最後に別れて、
何も言わず、彼は悠然と走り一つの遠吠えで応える。
最後の会話ですら、彼は人ではなく、オオカミとして、自分の生き方として表現したのかな
言葉として表現しても薄くなるだけだわ。自分で書いてて何も伝わらない。

俺もそう居られるかな。遠く遠くあろうとも、俺が叫んだら彼らに届くかな?
俺の生き方はこうだ!って。

まだ中学生にもなっていない、大人の狼に強く焦がれてしまって
とても情けないなんて思ってしまうけど、それ以上にありがとう、っていいたくなる

俺は狼になれるかな、なりたいな。
俺の生き方がいつか、いつかでいいから、あなたの耳に届きますように。

忘れちゃいけないのが雪かわいぃいいいいいいい
姉さん系のロング、すらっとしてて、おとなしいけど、なんだかんだ無邪気で、最高!!!!

彼女は受け入れてくれる人がいて良かったね。
雨はもうすでに先生がそういう準備をしていてくれたから大丈夫だと思うけど。
雪はこれからだからね。
・・・・・・雪と雨には最後仲直りしてほしかったな
お互いの生き方を、そういうものだと認め合ってほしかったな。
そういう優柔不断な甘ちゃんなところが俺のダメなところなのかな?

だってお互いの生き方はどちらも敵対してないんだよ?
(捨ててはいるけど、まぁ、雪は捨て切れないだろうね、認めてくれる人はいるけど、おおかみこどもとして生きてかなきゃいけないのかな?)
○○として生きることは、○○と敵対するわけじゃないじゃん?
・・・・
花と同じように、雪にも言ってもらいたいな、
花と同じように、雨にも言ってもらいたいな、
「しっかり、生きて」って

そこは、脳内補完でがんばるか

やっぱ、この映画は、花と雨に目が行ってしまう。
いや、まぁ雪きれいだけどね。

全て美しかった。花も、雪も、雨も、
自然も、草花も、風雪も、雷雨も全て、美しかった。

俺の妄想が行き過ぎている感は否めないけど、
それでいいと思うよ。
俺の人生がそれで方向を変えるなら。
・・・・・・・素晴らしい作品だった。

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

07.31

« おおかみこど »

このブログに思想を書くのはこれで最後にします。
きっと長文になるだろうけど、いつかまた俺がこれを見返したとき、
なにか思うことがあればいいと、思ってます。

おおかみこどもの雨と雪を見ました。
ネタばれあるので注意。
いつもの娯楽の細田監督らしくない感じでした。
美しいという言葉に尽きるという感じです。
前半はほとんど音楽だけで、狼男との出会いから子育てまで
そんな感じ

感情移入どころかついていくので精いっぱい、違和感ありあり
これはもう映画っていうか映像作品ですね。
よくこれを日本全国公開しようと思ったわ・・・・
ヨーロッパのほうが評価高そうですね。

本当に美しかった。世界が、リアルでとても美しかった。
クモの巣、雲、雨、草木、とても美しかった。綺麗だった。

雨の、気高く、語らず、そして、自身の本能を、本命を覚悟し
役割のために行動する彼がとても美しかった。

雪の、可憐で、お喋り、そして、自身の本性を、正体を隠して
人間として行動をする彼女がとても美しかった。

終わった後、泣いた。雨の生き方があまりにも俺にとっては
強いものであったので、我慢できなかった。
する気もなかったのかなー。

あとはー、雪の正体を打ち明けられたそうへいに嫉妬しなかったっていうと
微妙なところもある。なんだい、楽しそうにお喋りしちゃってさ。
雪めっちゃかわいい。綺麗だし、5,6年後が最高に楽しみです。
ドストライクです。細田監督史上初のドストライクっぷりの
かわいい雪ちゃん・・・・・はぁはぁ
それでも、そこよりも、雨のほうに嫉妬してしまうのさ。
雨の生き方は、俺の憧れそのものかもしれない。

人は多かれ少なかれ異質であるものを持ってると思う。
この作品がそんなことを言いたかったかっていうと知るか!
俺はこの作品で雨に感じ入るものが多かったからそう思うんだろうけど、
狼として生きるか人として生きるか、俺らは選ばなきゃいけない。

自分を狼だというつもりはない。雪を無個性だというつもりもない。
ただ、誰かに生き方を強制される必要はないんだよ。
雪は「彼女」が思う人間として生きていく。
雨は「彼」が思う山の長として生きていく。

俺の場合、母とも、姉とも違う、自分の世界を見つけた彼に、
憧れたんだと思う。姉は姉で自分の世界を見つけた。
弟として憧れたのかな?本能として生きる彼に憧れたのかな?
人間として生きたいってのも本能だよね?
わからん、とにかく彼に憧れた。
その原因探りは時間をかけてやっていこ。

あと、ただね、みんなと違うから、笑われるからって自分を
変えた彼女には憧れない。
というか、そうへいのようにそれをわかってやれる人になりたい。
もう、自分でなにいってるかわかんねぇや。

まとめるつもりはない!

この映画にはファンタジーな要素なんてほとんどない、普通、いたって普通、
おおかみこども育てるだけ、音楽だけの部分多いし、
置いてかれるようなとこ多いし、感性的すぎるんだよ

事件があって盛り上がる!ってとこもない。
それでも、終わってふと考えて、
ぼろぼろと涙が止まらない。
このまま、一生泣いていたい、鳴きたい。
鳴き叫びたい。

今年の俺の夏もね、
きっと女っけのないようなものになると思うのさ
でもな、そういったもの以上にやりたいことが
あるから俺はそれを選ぶよ。

もう語らない!
絵のコメントに無駄な注釈や、感情なんか書きいれない。
言いたいことがあるなら表現しろ、
形にしたいんだ!

結局、雨と雪が美しすぎて、花が美しくて、世界がきれいすぎた。
感情移入なんて出来ねぇよと思ったけど、
ストーリーとかもっと時間かけてもいい。
それでもぼろぼろないたけどー。
いい映画だった。これからが楽しみだ。そういう感じ。
感性的なもんだと思う。どちらかといいうと
言葉少なで、音楽にのせて物語が進むことが多い。
時間経過などを表現しているってこともあるんだろうけれど、
急ぎ過ぎている感があったかも、
この映画は見ている時よりも
終わった後にどこを取ってくるかってのが大きいのかな?
自分の都合のいい部分を取ってきて、美しいと俺のように
泣き崩れるのもいいし。
・・・・・・うん、おう、終わりか、
前3作に比べ物足らん、と思うのもよし。

ただ、基本的に監督はリア充系なんだろうかなーなんて思って、
貪欲な黒さが足りないなぁなんて思ってたけど、
青春といったラブストーリーへの憧れが、ある意味
貪欲な感じなのかと思う。
比較的彼の作品は青春感が強い。

俺がボロボロ泣いた原因の多くは雨君だな。

雨君のようになりたい。彼が何を思ってるのかわからないけどね。
生き方や風貌も含めて、全体的ドストライクや。
雨も雪も俺のドストライク。
雨のように生きて、雪のような人と一緒にいたい。
難しいですねー。
むしろ、この映画は俺にとって、
雪と雨のドストライク補正が強いかな。

雰囲気映画だ。だが、キャシャーンのようなただの切り貼り映像作品では無い!
美しい、そう、美しい映画としての映像作品だ!
今までの細田作品は、確かに映画館行かなくてもいいと思ってたけど、
これは映画館に見に行ってよかった。
音と映像美で見てこそのおおかみこどもだと思う。

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

04.03

« 残り後3年間 »

長文になるかもしれない

どんだけ中二病だろうと、これはただの仮病なんだって!
俺は風邪ひきたいなーって思ってるだけなんだ
本当に中二病で、ドリーマーな方々に失礼だ
夢を患うってのは大変なことなのに、
俺はただそれを言葉や思考でしか、向き合ってないから、
だから、俺はまだ、現実を見れない

あの日死ねなかった俺に死ぬ資格なんてない
だから、今年一年間で生きれなかった俺はもう、
生きるのをあきらめるよ

彼女作って、結婚して、働いて、養って、子供ができて・・・・・
いやだな、俺、そんな生き方やだな!

それは目標なんかじゃねえよ
好きな人がいて、一緒になって、やりたいことで誰かから代償をもらって、
好きな人が幸せであるように楽させてえよ、
月並みだけどさ、愛の結晶ができて、、、ってのをゆめみてぇよ!

彼女がほしいなんてねぇよ!
結婚してぇなんてねぇよ!
働きたいなんてねぇよ!

どれだけの空腹だって耐えられる
どれだけの睡魔だって我慢する
どれだけの誘惑だって俺の妨げにならない

どんな人間の根源の欲求だって、俺の欲求には勝てないんだよ
つまるところ顕示欲だけどさ
それで、俺がいいっていってんだから
それでいいんだよ
俺はそれに人生をかける
かけてきたって言えないのは俺のせいだけど
後悔してないよ
ただ、ずっと反省してくから、
だからさ、あのさ、なんていっていいかわかんないけど、
もう、何も背負わなくていいんだよ
お前の苦痛は、お前の夢をかなえるためだけに使えよ、
他人の、世界の痛みは俺にはわかんないから
背負うしかないけど、
でもさ、俺の痛みだけは背負わなくていいんだよ
たとえ、好きな人ができて、その人の痛みだって
背負わなくたっていいんだよ、わかってやって、
癒してやって、助けてやって、一緒に、つないでけばいいから、
だから、行けよ!

お前の
手には手錠なんてかかってなくて、
首には首輪なんてはまってなくて、
足には足枷なんてつながってないんだから、
360開いた場所で、何を独房ごっこに夢中になってんのさ

世界には何もない
ほとんどの人間が成功しない
特に俺が成功する人間になんて入りはしないだろうさ
だけど
「だからどうした」
進め、
報われない努力を悲観してどうなる?
何を期待してた屑!
いいか、この世界には何もない、希望なんて持つな!
だけどそんなことしらねぇよ、やりたいことがあるならやれよ
お前にどれだけの才能がなくても、
お前が受け取ってきたすばらしいものは、何になるかわからないから、
進めよ、走れよ、とまっても、考え続けろ!
生きることをあきらめんな
お前の前にあるものが死で、失敗で、幸福でないとわかってても、
飢えてんだろ、渇いてんだろ、満たされてないんだろ!
我慢してもいい、耐えてもいい、ただ、進め、
さあ!今のお前を超えろ!
これからのお前を超えろ!

「負けるもんか」HONDAもいってんだ、
そう思うよ、そう思ってきたよ

寝ろ!食え!ヤレ!
ぶれてもいい
お前が正しいとやりたいと思うためのベストを尽くせ、
時間を無駄にするな
彼を幸せにしろ
彼女を幸せにしろ
あいつのために、世界のために、お前がやれることをやれ
自己中でいい!23になるお前が誰かのためと思って間違うことなんてそうそうねぇよ
間違ったら修正しろ、反省しろ

俺はただ、笑顔がほしいだけなんだ、
俺の、あの子の、あいつの、彼らの、みんなの!

これだけ書いても楽にならない、
むしろ、苦痛がたまるよね
最高!眠い!寝る!

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

12.01

« 12月1日 »

僕は今もまだ生きている

ってことは何かをやったのか?
そんなこともなく、ただ死ななかっただけ

なにもやらないなら死んだ方がましだと思う僕の感情は
僕を殺すことができませんでした

せっかく僕はこのぐうたらな自分に生かさせてもらっているので
彼の気が変わらないうちに行動を起こしたいと思います

せっかく今日を迎えられたので、今日12月1日に、
僕は少しだけ変わろうと思います

その少しが世界にとって、他人にとってどれだけ少しなのか分かりませんが、
出来る限りの全力をもって生きようと思います

僕の最も嫌いな感情は、惰性によって、ただ動かされ、僕が何も感じなく
考えなくなってしまうことです

死にたいと、あるいは、死にたくないと思えなくなってしまうことが
僕にとって最も死にたいことだと最近思いました。

僕の「死にたい」も「生きたい」もまだ、どちらも形を成してないような弱い感情です
まだ、弱い感情であるならいいのですが、なにも感じなくなったらそれはすごい嫌です

自傷行為も死ぬまでしたくないし
自尊行為も生きるまでしたくない

中途半端は嫌いではないけど、そう思っても無いのに自分を傷つけたくはないし
自分を誇り、大切にし品位を傷つけたくは無いと思う
えーと、つまり、どちらも心から行いたい。そしたら、後悔はないと思う
心から行ったら、自傷や自尊なんかしないんじゃないか?
悪い行為だとは言わないけど、もし、本当に生きる意志や死ぬ意思があるのなら

きっと自尊や自傷なんかどうでもよくなると思う

今日を心から過ごそう。
それが生に向かってるとしても、死に向かってるとしても受け止めよう

この言葉が僕を生かしてくれる、あるいは、殺してくれることを望みます
どちらでもないまま日々を過ごす事が無いようにだけ願ってます

でも、やっぱり生かしてくれる方が僕も世界も幸せなんじゃないかと思ったり願ったり

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

01.29

« もうすぐ誕生日―!! »

 ...READ MORE?

雑記トラックバック(0)  コメント(0) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。